アンモナイトのつぶや記

 


☆お知らせ☆  ツアーやガイドの依頼、問合せ用のフォームを作りました。
↓詳細はこちらから!(クリックしてください)

ツアー依頼・問合せフォーム   

大洗神磯で巻貝に出会う!

 
どうも、ジオ子です。
いよいよ今日から年末年始の6連休。
大掃除もしなきゃいけないけど、せっかくの冬晴れですから大洗一人巡検・・・もとい、神磯のロケハンに行ってみることに。


月の出と神磯の鳥居をとりたくて行ってみましたが、なんと到着と同時にいいタイミングでフェリー入港!

171229a.jpg

遠くには神栖の工場の煙突がよく見えます。
海上を直線で結んで50km近くあるのに、空気が澄んでいるせいかこんな風にみえるんですね。
ちょと感激。

171229b.jpg

神磯とフェリー。なんか面白い組み合わせです。

171229c.jpg

天気がいいせいか、釣り船やとレジャーボートっぽいのがかなりでていました。
神磯のちょっと沖を行き来してましたよ。


171229d.jpg

神磯含め、この周辺の岩は砂や礫(石ころ)の層でできています。
詳しい研究の文献などはないようですが、おそらく新第三紀といわれる時代のものではないかとのことです。


すでに月がのぼってきているはずなのに、水平線近くが薄雲か水蒸気で白っぽくなってみえないので、足元の石を見て遊んでいると、ふと15cm四方のコンクリートのかけらみたいな石に目が行きました。
よく見ると貝の破片がまざっていたのでひっくり返してみたら・・・

171229e.jpg

こんなんでました。(笑)


アップにしてみると↓こんな感じです。

171229f.jpg

なんだか、貝の化石に呼ばれたように引き寄せられました。
長さは6~7cmほどで、シュッとしたカッコいいフォルムでした。


171229g.jpg

先端近くの表面が見えるあたりを接写。
貝の種類は不明です。


171229h.jpg

貝化石にきをとられていたら、いつの間にか月が空高く上がってしまっていました。
オーマイガー!

水平線近くは空の色が白っぽいので、昼の薄い月では今一つメリハリがなく、上空に来るまで気づきにくかったようです。
(月は写真の右上)


171229i.jpg

いつも霜や露を撮ってるOLYMPUSのコンデジでも撮ってみました。
月はうっすらですが、空と海の青さはこちらのほうが印象的に見えます。

満月の日の夕方に撮るのがいいかもしれません。
その時はもっと潮が高いとか海が荒れてると迫力ある写真になりそうです。


  1. 2017/12/29(金) 22:33:22|
  2. 大洗ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筑波山地域ジオパークでハートを探せ!


どうも、ジオ子です。

今日、筑波山地域ジオパークのある場所で、足元にこんなものをみつけました!

171224a.jpg

外は寒かったけど気持ちはほっこり。
なんだか来年にはいいことがありそうな感じになりました。

どこにあるかはヒ・ミ・ツ♪
ヒントはこの石と筑波山・鶏足山塊ゾーンにあるってことです。

ぜひ探してみてくださいね。(^_-)-☆
 


 
  1. 2017/12/24(日) 19:35:44|
  2. 筑波山地域ジオパーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

残念!認定取り消し!

 
どうもジオ子です。
12月22日、残念なニュースがはいりました。

イエローカード(2年間の期限付き認定)をもらっていた茨城県北ジオパークが、先日の再々審査の結果認定取り消しがきまりました。
ジオパークができてからはじめての認定取り消しとなってしまいました。

関係者の皆さんも一生懸命がんばりましたが、本格的な改革に取り組んだのはイエローカードをもらってからちょっと時間があいてしまい、十分な体制が整わないまま再々審査となってしまいました。

結果は結果として受け止めるしかありません。

「〇〇ジオパーク」という冠はなくなりましたが、幸いなことに地形も地質もかわることなくそこにあるわけです。
ガイドとして色々経験してきたことを生かして、これからもそこを案内することやイベントを企画することはできます。
私たち地元のガイドは、これからも地道に活動を続けていければと思います。

本ブログも、他のジオパークや自然、環境、気象、天文などジオ子の興味の赴くままに楽しい話題を提供していきます。
そんなわけで、これからもどうぞよろしくお願いいたします♪

最後に、新たに認定されたり再認定されたジオパークの皆さん、おめでとうございます。
これからもぜひいいジオパークを目指して頑張ってくださいね♪
応援してま~す♪


【審査結果】
新規認定:島根半・宍道湖中海ジオパーク (申請時は「国引きジオパーク構想」)

再認定:下仁田ジオパーク、 四国西予おいた姫島ジオパーク、
     おいた豊後大野ジオパーク、 三笠とかち鹿追ジオパーク、
     桜島・錦江湾ジオパーク


条件付き再認定: 佐渡ジオパーク、 三陸ジオパーク

認定取消 し:茨城県北
 


  1. 2017/12/23(土) 00:31:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

冬のお楽しみ「霜活」

 
どうも、ジオ子です。
ジオパークのみならず、自然観察の方も忙しくなってきました。
この時期しかみられない霜や霜柱の自主観察です。

雨上がりで夜半から晴れ上がって早朝冷え込んだという絶好のコンディションだった土曜日の朝。
1時間の霜活で面白い写真が撮れたので一気にアップします。
寒い冬を感じて楽しんでください♪

171209bb.jpg

まずは、霜柱の黄色い丸の部分を拡大してみましょう。

171209b.jpg

なんと!細い霜柱の一本一本に小さな気泡が!
一定の間隔で並んでいるところを見ると、霜が成長していくときに取り込んだ空気なんでしょうか?
謎ですね。


171209o.jpg

こちらも写真を拡大して気づきました。
なんと、凍った葉っぱ(真ん中あたり)の影に虫がかくれています!

171209p.jpg

虫まで凍ってる??


171209l.jpg

別の葉っぱの上にはこんなものが。カタツムリ?

171209e.jpg

と思ったら、水滴が凍ったものでした。
角みたいな氷柱がいくつも伸びていて、面白い形です。

171209g.jpg

葉っぱの表面についた霜。
葉脈と、葉の部分では霜のつく密度が違います。


171209m.jpg

この日の発見は、葉っぱの上の水滴が凍ったものの面白さです。
中に気泡をたくさん含んでいたり、表面に角みたいな突起がたくさんでていたり、種から芽がでてるみたいなものがあったりと形も様々です。

171209j.jpg

小さな水滴だと表面張力で球状ですが、大きめのものは不定形だったりします。

171209i.jpg

写真の師匠の叔母にみてもらったら「宇宙空間に浮かんでるみたい」と言われた一枚。

171209n.jpg

水滴の上半分とした半分では、凍った模様が違って見えます。
どんな条件の違いでこういう風に凍るんでしょうか。

171209t.jpg

均一な模様ではないということは、凍り方にもムラがあるんでしょうね。


171209d.jpg

ホトケノザ。花にも霜がついてましたが、やや溶けかけてます。

171209f.jpg

オオイヌノフグリ。霜がびっしりで、砂糖菓子みたいです。

171209x.jpg

ホトケノザは葉っぱに細かい毛があるので、溶けてくるとその毛の上で水滴がまん丸になってきれい。


171209r.jpg

ハート形でオレンジ色に色づいている葉っぱ。
縁飾りがついてオシャレ。

171209s.jpg

逆光で輝く葉っぱと縁の霜が溶けかけている様子。
色合いなどがとてもきれいでした。

171209y.jpg

葉っぱの上にある水滴に気泡がたくさんあるのは、たぶん葉っぱの気孔から空気が出てきたのではないでしょうか。
植物が呼吸しているのを感じますね。


171209z.jpg

葉っぱの上の少し大きな水滴は炭酸飲料がはじけたみたい。
時間も一緒に凍り付いた感じが面白いです。

171209a.jpg

凍った水滴も溶けるとまたこんな風に戻ります。
大きく見える水滴も、直径は2~3mm。
本当にミクロの世界です。

自宅からすぐ近くで、1時間ほどの冬の撮影会でした。

  1. 2017/12/11(月) 22:13:16|
  2. 天文・気象
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋田は近くて遠い県

 
どうも、ジオ子です。
先週は風邪で体調がいまいちでした。
そんなわけでブログ更新も滞っちゃいました。

さて、全国大会の最終日の報告です。
この日は午前中分科会がありました。

JGN秋田31

分科会が始まる前に、スタッフとホテルの方とで30テーブルを準備。
1テーブル5人ずつで参加者は約150名!
人気の分科会です。


JGN秋田32

右側に並んで立っているのは、本日のパネラーとスタッフ。
約1年かけて今回の分科会の準備を進めてきました。
ジオ子も微力ながらスタッフでお手伝いしましたよ。


JGN秋田33

前半は「ブラタモリはなぜ面白い」と題して、ブラタモリに出演された方々のパネルディスカッション。
番組制作の裏話などからジオツアーに活かせることがたくさんありました。


JGN秋田35

後半は「インタープリテーション」についての講義です。
帝京科学大学の古瀬浩史先生がインタープリテーションの基礎についてのお話をしてくださいました。


JGN秋田36

自己紹介を4枚のイラストで紹介するというワークショップ。
それぞれ個性が出て面白いですね。


JGN秋田37

全国各地のガイドさん、ジオパーク関係者が集まっているのでそれぞれのジオパークのユニフォームを比較できて面白いですよ。


JGN秋田38

スタッフのみなさんが、テーブルの間を歩いて助言したりします。


ガイド分科会集合写真 小

約150名ともなると、集合写真も壮観です。

ジオパークでは年に一度こうして全国大会があります。
会場の内外には一般の方も見られるパネル展示や、地元の食べ物が並ぶブースもあったりして賑やかになります。

来年は10月に北海道のアポイ岳ジオパークが中心になって行われます。
興味のある方はぜひこの大会にも遊びに来てみてくださいね。

 
【おまけ】
ところで、タイトルの「近くて遠い」というくだり。
地理的にはとても遠いところですよね。
でも、歴史的に見ると佐竹氏が水戸藩から秋田藩に国替えさせられたとか、鉱山繋がりがあったりして人の行き来もけっこうあるみたいんですよ。

  1. 2017/11/23(木) 22:38:08|
  2. ジオツアー・イベント報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

カウンター

ようこそ、GNひたちなか・東海のブログへ!

プロフィール

茨城県北ジオパークのひたちなか・東海ブロックで活動するインタープリターグループのブログです。 ジオパークに遊びに来てね♪

常陸ジオ子

Author:常陸ジオ子
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2)
イベント案内 (16)
ジオパーク紹介 (5)
お知らせ (1)
平磯ジオサイト (23)
東海ジオサイト (3)
ジオグルメ (4)
水戸ジオサイト (8)
ジオツアー・イベント報告 (50)
その他 (18)
防災 (2)
茨城県北ジオサイト紹介 (3)
筑波山地域ジオパーク (3)
天文・気象 (5)
ジオフォト (1)
ジオグルメ・食いしん坊 (1)
大洗ジオサイト (2)
自然観察 (2)

最新記事

リンク

・茨城県北ジオパーク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

GNひたちなか・東海Twitter

TweetsWind

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ