アンモナイトのつぶや記

 


☆お知らせ☆  ツアーやガイドの依頼、問合せ用のフォームを作りました。
↓詳細はこちらから!(クリックしてください)

ツアー依頼・問合せフォーム   

とんぼ 蜻蛉 トンボ!

 
こんにちわ。ジオ子です。

先日ひたち海浜公園の沢田湧水で、はじめてガイドのお供をしてきました。
茨城生物の会の先生が案内してくれます。
今回はトンボが専門という先生。
トンボLOVEなジオ子も興味津々でした。

沢田湧水散策路には、絶滅危惧種の尾瀬イトトンボはじめ、いろんな種類のトンボがみられます。
イトトンボのなかまもたくさんいましたよ。

今回はカメラを忘れたので、スマホで撮れたもののみ公開!

150628a.jpg

ニホンカワトンボのオス。


150628b.jpg

キイトトンボ。
その名のとおり黄色いトンボです。


150628c.jpg

葉っぱの陰に隠れて羽化したオニヤンマ。
この日は昼前から冷たい風が吹いて寒かったので、十分に体が温まっていなかったのか羽化してからまだ飛び立っていなかったようです。

ところが、撮った写真をよくみるとなんか違和感が。
よくよくみたら、右の翅が一枚ありません。
どうやら羽化するときにでも取れてしまったようです。
ヤゴからトンボになるのってそれだけ大変なことなんですね。

残念ながら三枚羽では上手く飛べないようでした。


羽化といえば、何年か前にジオ子の家の前で夕方に大きなヤゴをみつけました。
羽化するのに道路の向こう側の田んぼからでもあがってきたのでしょうか。

捕まえて観察することにしました。

tonbo03.jpg

怪獣みたい。(笑)


tonbo05.jpg

しばらくすると、背中から本体がでてきました。
結構激しく身体を振ってヤゴの体から脱出します。


tonbo06.jpg

無事に全身がでてきたところです。
ここで、結構大物なことに気が付きました。


tonbo07.jpg

翅と身体に体液がどんどんまわって大きくなっていきます。
体の模様もでてきて、なんとなくオニヤンマだとわかりました。
すでに夜中すぎていたので完全に変態する前に寝てしまいました。


tonbo08.jpg

朝起きると、立派なオニヤンマになっていました。
目がまだ茶色ですよね。
普通は緑色なんですが、羽化したばかりだとこの色なんだそうです。


沢田湧水でのガイドツアーですが、土日にはボランティアガイド付きのツアーがあります。
10月くらいまではいろんなトンボにも出会えますので、機会があったらぜひ行ってみてください。
コキアやネモフィラで有名な丘の裏側にビジターセンターがありますので、そこで受付して参加できます。
ジオ子もおススメのコースですよ。 
 
スポンサーサイト
  1. 2015/06/29(月) 22:53:17|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

千波湖をジオってみよう!

 
こんにちわ。ジオ子です。

前の記事でも書きましたが、6月21日に千波湖ジオツアーを開催しました。
そのときに、茨城のネットTV「いばキラTV」さんが同行取材してくださってました。
そのときの様子が動画でアップされたので紹介します。




今回は人数が少なかったので、歩いているときもみなさんと色々お話したのが本当に面白かったです。
インタビューをうけた女性の方や他の女性の方と、咲いていた花や木々のはなしから、トンボの話、はては今が旬の茨城のメロンの話(笑)までまさに女子ならではの話で盛り上がりました。

ちなみにですが、トンボの話というのは「ムギワラトンボはシオカラトンボの雌である」という話。
トンボ好きのジオ子ですが、実はそれを知ったのは割と最近なんです。
ちょうどシオカラトンボが飛んでいた時にその話をしたら、

「えー!そうなの?」
「世の中にはまだまだ知らないこといっぱいあるわよね~!」

と、ちょっと盛り上がりました。
トンボの話でこんなに盛り上がるなんて、ちょっと嬉しくなりました♪

次回の千波湖ツアーは7月18日土曜日です。
詳細は↓こちらです。

   千波湖ジオツアー    
水の都・水戸のシンボル千波湖に残る地球史の痕跡を探し歩いてみませんか?
水戸の地形の凹凸と千波湖の成り立ちをインタープリターが解説します。
http://www.ibaraki-geopark.com/2015/06/20/第2回-第3回-千波湖ジオツアー2015のご案内/

【日程】2015年7月18日(土)
【集合】09:00 千波湖水戸黄門像前
【解散】13:00 千波湖水戸黄門像前
【定員】15 名(先着順)
【参加費】2,000 円(昼食代・資料代・保険料込み)
【昼食】好文 cafe(千波湖畔)
【持ち物】飲み物、雨具
【主催】茨城県北ジオパーク推進協議会
【企画】ジオネット水戸・大洗

◆雨天の場合は当日朝 7 時30分までに実施の可否をお知らせします。
◆歩きやすい服装でお越しください。

【申し込み方法】
1. 氏名
2. 年齢
3. 住所 (町名まで)
4. 電話番号
5. メールアドレス
6. 参加希望日【7月18日】
を明記した上で、下記の連絡先までご連絡ください。
(7/11(土)〆切)

<茨城県北ジオパーク推進協議会事務局>
電話:029-228-8825
メール:renkei@ml.ibaraki.ac.jp

【参考】
茨城県北ジオパーク
http://www.ibaraki-geopark.com/

ジオネット水戸・大洗
http://twitter.com/geonet310
  1. 2015/06/24(水) 23:57:10|
  2. ジオツアー・イベント報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨の合間の千波湖ジオツアー

 
こんにちわ。ジオ子です。
梅雨前線が上がったり下がったりする今日この頃。
ジオネット水戸企画による今年度2回目の千波湖ジオツアーが行われました。

前日は雨。結構な降りでしたので、傘をもっていくかどうか心配していましたが・・・

150620c.jpg
 あっぱれじゃ!

黄門さまもおっしゃるようにあっぱれな快晴。(笑)
集合場所はいつもの通り千波湖畔の黄門さまの前です。
写真左下で受付準備中。


150620d.jpg

準備の合間に本日の千波湖をパノラマ撮影。
スマホのカメラ機能でお手軽にこんな写真が撮れるんです。
昨今のスマホの機能にはびっくりですね。


150620e.jpg

いよいよツアー開始。
桜川を渡って偕楽園東口へ。
このツアーでは偕楽園の中へは入りません。ここで偕楽園について簡単にお話しします。

なんと、日本の「三大名園」と言われるなかで、ここ偕楽園だけが入場無料なんです。
その名の通り「みんなで楽しもう!」をコンセプトに水戸藩9代藩主斉昭公が作った場所だからです。
水戸に来たらぜひお気軽に園内散策してほしい場所です。


150620f.jpg

東門からすぐのところにある常盤神社。
「夏越の祓(なごしのはらえ)」でつかわれる茅の輪が準備されていました。
阿漕ガ浦の「桜・ジオ散歩」のときにくぐり方を教わっていたので、左回り八の字でくぐってみました。


150620g.jpg

西の谷駐車場近くの露頭で、水戸層と呼ばれる泥岩の観察。
水戸の水理を知るのにキーワードとなる地層です。


150620h.jpg

西の谷では、地面に降った雨が地中に滲みていき、それが水を通しにくい水戸層までしみてきたところで流れ出して来るというのを観察しました。

そのあと、常盤神社の鳥居前に戻る途中で「農人形」について話をききます。


150620i.jpg

農人形から吉原殿中の話がでたところで、おやつに吉原殿中をお振舞。
農人形に供えたご飯を、そのまま捨てちゃうのはもったいないと工夫されたのがもとでできたお菓子です。


150620j.jpg

常磐線と50号線の上を歩道橋でわたって、桜川沿いに戻ります。


150620k.jpg

ジオパークの旗をもって川沿いの道を歩いていると、時々「茨城県北ジオパークだって」と興味を持たれる方もいます。
今回はいませんでしたが、何度か「ツアーやってるんですか?どこに申し込めばいいの?」など聞かれたこともあります。
こうしたツアー自体がいい宣伝効果になっているんですね。


150620l.jpg

近代美術館をすぎたあたりにある「柳崎貝塚跡」。
ここは海から13kmほど内陸になりますが、こんなところに貝塚があるんですね。
縄文時代などに海がここまできていたころの名残です。


150620m.jpg

千波湖の南側の遊歩道は、足元に花が植えられてきれいに整備されています。
歩きやすいし、夏場は木立がいい感じに木陰をつくってくれます。
湖畔を気持ちよく歩くことができるいいコースですね。


150620n.jpg

ちょっと薄暗いですが、最後の観察ポイント。
千波湖を挟んで南側斜面にも崖からの湧き水があります。
豊かな水に恵まれた場所なんですね。


150620o.jpg

ほどよくお腹もすいたお昼時、好文カフェ到着。
ここで美味しいランチをいただきます。
出発前にメニューを選んで予約しておくので、到着したらさほど待つことなくいただけます。


150620p.jpg

私は午後から別のイベントに参加するため、お昼は食べずにお先に失礼しました。
でも、ジオツアーで美味しいものを食べないのは悔しいので、好文茶屋で季節の「メロンソフトクリーム(ミックス)」を食べました。
爽やかで、美味しいかったですよ♪

次回は7月19日予定。
ちょっと暑いかもしれませんが、爽やかな湖畔を歩いてみませんか。
近くなったら募集記事をアップしますので、お楽しみに!
 

テーマ:茨城県 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/06/21(日) 13:11:57|
  2. ジオツアー・イベント報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

干し芋と恐竜?

こんにちわ。ジオ子です。

先日、那珂湊から大洗周辺のコースを下見にいきました。

150607a.jpg

今回は鉄道を絡めたコースにしようということで、勝田駅を起点にひたちなか海浜鉄道で移動です。
今回は5人での下見。
左の方が今回のコースを企画されたWさん。
右はジオネットひたちなか・東海の金庫番(笑)のKさん。


150607b.jpg

じつはこの電車、たまたまですがデュエルマスターズのラッピング電車。
記念撮影している親子連れもいましたよ。

ひたちなか海浜鉄道でトコトコと景色を楽しみながら那珂湊駅へ。


150607c.jpg

那珂湊駅の駅名プレート。
駅猫のおさむ君もデザインされちゃってます。


150607d.jpg

那珂湊の駅前から、どう歩いていくかを作戦会議中。
どんなコースになるかはまだ秘密!(笑)
今日は、途中で立ち寄ったお店を紹介します。


那珂湊駅の北東側をぐるっと歩いた後、干し芋やさんでちょっと一息。
ここはメンバーのみなさんも気になっていたお店です。

150607f.jpg

干し芋の化石・・・?
いえ、御影石のモニュメントです。
スライスして作る様子が表現されてるみたいですね。

実みなさんが気になっていた理由がこれ。
お店の外に面白いモニュメントがあるんです。


150607g.jpg

トリケラトプスとステゴザウルス

入口では2匹の恐竜がおでむかえ。


150607h.jpg

干し芋をかじるティラノサウルス

なかなかシュールです。(笑)
遊び心たっぷりのモニュメントも楽しい干し芋やさんです。


150607e.jpg

お芋のジェラート

お店の中では何種類かのお芋のジェラートが味わえます。
自然な甘さがGood!
歩き疲れた時には、やっぱり甘いものですね♪

干し芋も売っているので、お土産を買うのにも立ち寄りたいですね。
ぜひコースに入れたいお店です。

帰りは大洗駅から鹿島臨海鉄道を利用しましたが、時間が無くて駅と電車の写真が撮れなかったのが残念!
ツアーの時には駅での時間をゆっくりとれるようにしなくては。
 
  1. 2015/06/14(日) 17:31:10|
  2. 茨城県北ジオサイト紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

岩石海岸の芸術!

 
こんにちわ。ジオ子です。
この時期、潮の満ち引きが大きくなっています。

5月初めの土日もちょうど昼頃に潮がひいてて磯遊びに最適!
土曜日はかなり肌寒かったんですが、せっかくなので下見を兼ねて平磯海岸に行ってきました。

150606a.jpg

折角潮がひいているので、いつもは見られない岩場全体を見渡してみましょう。
 
 
150606b.jpg

岩場は、砂岩泥岩互層でギザギザになっているのがわかりますね。
 
 
150606c.jpg

近寄ってみると、砂が固まってできた岩(砂岩)の表面にはなにやら面白い模様が。
 
 
150606d.jpg

不思議な形の穴がたくさんあいてますね。
これはタフォニといわれるものです。
風や波しぶきによって浸食されてできる独特の地形です。
平磯海岸のものは数センチから数十センチくらいのものなので、地形といっても小さな地形(微地形)ですね。
 
 
150606e.jpg

石に穴が開くのは風化のせいだけじゃないんです。
穿孔貝(せんこうがい)といって、石に穴を開けちゃう貝もいるんだそうです。
この巻貝もそんな穿孔貝の一種でしょうか?

すっぽり穴に入り込んでますね。
 
 
150606f.jpg

潮阿が満ちた時の水面が想像できますね。
穴が開いているあたりは、波しぶきを受けやすい場所なんでしょうね。
 
 
150606h.jpg

水流に乗って流れてきた砂や砂利が、流されたままに固まったのでしょうか。
重いものは下に、軽い砂は上の方に多く堆積しています。
まさに時がそのまま固まった感じです。
 
 
150606i.jpg

一見柔らかそうに見えますが、これもガチガチに固まった砂岩のひとつです。

潮がひいた岩場の多い海岸には、こんな発見もあるんですよ。
生き物だけでなく、ぜひ岩や落ちている石にも目をむけてみてくださいね。
 
 
  1. 2015/06/08(月) 23:39:08|
  2. 平磯ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

ようこそ、GNひたちなか・東海のブログへ!

プロフィール

茨城県北ジオパークのひたちなか・東海ブロックで活動するインタープリターグループのブログです。 ジオパークに遊びに来てね♪

常陸ジオ子

Author:常陸ジオ子
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2)
イベント案内 (16)
ジオパーク紹介 (5)
お知らせ (1)
平磯ジオサイト (23)
東海ジオサイト (3)
ジオグルメ (4)
水戸ジオサイト (8)
ジオツアー・イベント報告 (49)
その他 (17)
防災 (2)
茨城県北ジオサイト紹介 (3)
筑波山地域ジオパーク (1)
天文・気象 (3)
ジオフォト (1)
ジオグルメ・食いしん坊 (1)

最新記事

リンク

・茨城県北ジオパーク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

GNひたちなか・東海Twitter

TweetsWind

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ