アンモナイトのつぶや記

 


☆お知らせ☆  ツアーやガイドの依頼、問合せ用のフォームを作りました。
↓詳細はこちらから!(クリックしてください)

ツアー依頼・問合せフォーム   

強風の「中根ジオ散歩」(後編)

 
先日、ジオ散歩の記事を書いたあと、今回のツアーに参加されたOJerさんから今回のツアーの記事をご自分のブログにアップしましたの連絡をいただきました。

OJerさんのブログより

正直いいましょう。
私のよりいいできです!(笑)
しかも、見てほしかったポイントなどをしっかり押さえてくださってます。
案内した私たちも嬉しい記事になってます。
OJerさん、どうもありがとうございました♪


というわけで、私も張り切って続きを!

140419i.jpg


昼食後、センターを13時に出発。
虎塚古墳を通過して台地から谷地に降りていきます。
途中の斜面にはトタンで覆いがしてあります。
実は、ここで「刀子(とうす)」が出土しました。
奈良の正倉院に収められているものと似ているそうですよ。
奈良と中根に深いつながりが?!古代のロマンを感じる一瞬です。


140419j.jpg

そこから少し下ったところにあるのが十五郎穴。
古墳時代末期から奈良時代にかけての横穴墓群で、東日本では最大級のものです。

凝灰岩という、比較的加工しやすい石なのでこんなにたくさんの横穴を掘れたんですね。



140419k.jpg

東水戸道路の部田野ICに向かって歩きます。
右手が南、左の台地が北になります。
台地のきわに沿って歩いていくことになりますね。


140419l.jpg

このあたりの崖から、「部田野石(へたのいし)」という軽石凝灰岩を切り出していたそうです。
部田野石については私たちもまだ勉強中です。



140419m.jpg

崖際には大きな転石?のような岩の塊がいくつか転がっています。
表面を見ると面白い構造がみられて、石好きのみなさんは岩にとりついて興味津々です。





崖そのものにも面白い構造がみえてます。
それは泥岩と凝灰岩の境界。
マウス(ポインタ)を写真のところにのせると岩に黄色いラインがつきます。
ここが境目になってます。
私たち素人がみても明らかです。



140419o.jpg

凝灰岩に心ときめかせながら歩いていくと、釜上神社に到着。
社の裏にはこんなきれいな地層が見えます。
砂岩の層です。
かつてここが海の下だったことをあらわしています。


140419p.jpg

この釜上神社のご神体なんと、この裏手の上に開いた穴(波蝕窪?)らしいんです。
なんともミステリアスですね。
これらについてはもっと色々調べてみたくなりました。
部田野ミステリー・ホールといったところです。


140419q.jpg

さらに20mくらい東に歩いたところにも、いい露頭がみえていました。
これらがどこの地層にどうつながっているのか、興味は尽きません。


140419r.jpg

以上で本日の見学を終えて中根駅に戻りました。
ほぼ予定通りの到着です。
上り下りの電車にのって戻られる皆さんを無事見送ることができました。
あとから万歩計を確認したら16、000歩ほど歩いていました。

昼食休憩と電車待ちをいれて4時間半ほどのコース。
歩くだけなら2時間もあれば歩ける場所ですが、好奇心満たしながらのジオ散歩でした。
身近なところにもこんな楽しい"地"的好奇心をかきたてられる場所があるんですね。
参加されたみなさん、案内とサポートしてくださったインタープリターのみなさん、お疲れ様でした。
 
スポンサーサイト
  1. 2014/04/24(木) 22:08:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強風の「中根ジオ散歩」!(前編)

 
こんにちわ。ジオ子です。
4月19日(土)、中根ジオ散歩を開催しました。
参加者は14名(うちスタッフ6名)。
お散歩するには程よい人数です。


140419a.jpg

集合はひたちなか海浜鉄道中根駅。
地元のみなさんが、きれいにしている可愛い駅です。
お花もベンチもすてきですね。


140419b.jpg

近くに駐車場がないので、みなさん電車に乗って集合です。
周りが一望できるこの場所で、本日の行程や周囲の地形について軽く説明してから出発です。


140419c.jpg

そうそう、先日に引き続き「駅名看板」シリーズ。
中根駅もちょこっとだけデザインが変わってました。
そう、「中」の字の刀の部分。
去年発掘された「刀子」にかわってました。
これも今回のツアーリーダーWさんが刀子についての話を今回のツアーでも入れていたので気づいたことです。

この看板を初めてみた参加者も興味津々みたいでした。(^^)


140419d.jpg

駅を出て川をわたると両側には田んぼが広がります。
中根谷地(谷津田)という地形です。
この日は日本の南海上を進んだ低気圧の影響か、冷たい強風がふきまくり!
一見穏やかそうにみえてますが、帽子が飛ばされたり体が押されるほどの強風が吹いてました。
特に遮蔽物のないこういう場所は風の影響もろうけなので、歩くのも大変です。


140419f.jpg

田んぼが広がる谷地から台地にあがっていくと、庚申塔があります。
大正時代くらいまで民間でも行われていたという庚申信仰に基づくこの塔は、古くから人が住んでいた土地にはたいていみられます。
二股道にあるので、道標替わりもしていたのでしょうか。


140419f.jpg

埋蔵文化財調査センター近く、畑の一角にある露出した石室。
(虎塚古墳群4号墳)
虎塚古墳はじめこのエリアには円墳、方墳がたくさん点在しています。
縄文、弥生その後の時代も人が生活していたということは、昔から住みやすい場所だったんだねと話しながら歩きました。
石室の素材は、この周辺で産出する「部田野石(へたのいし)」とのことです。


140419g.jpg

虎塚古墳を外側から見学。
昭和48年に発見されたこの古墳は、石室内部に赤いベンガラで〇や▲などの幾何学文様が描かれているのが特徴です。


140419h.jpg

石室内部は春と秋の年2回のみ一般公開されますが、隣接の埋蔵文化財調査センター展示室では精巧なレプリカがいつでもみられます。
今回はツアーだったのでセンターにお願いして簡単な解説もしていただきました。



このあと、お借りしていたセンター内の講話室で昼食。
エネルギーをチャージして後半戦へ続きます!



【参考】今回の工程表

nakanekkoutei.jpg


  1. 2014/04/20(日) 10:55:01|
  2. ジオツアー・イベント報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

人工物でみるジオパーク


こんにちわ。ジオ子です。

4月12日、ジオネットひたちなか・東海の定例会が行われました。
6月くらいまでは毎月なにがしかの企画が入りました。
おいおい紹介していきますね。


ところで、会合会場の勝田駅前にはこんなものがあるんです。

140412g.jpg

街灯の足元部分。
この怪しげな模様、なんだかわかりますか?
わかったあなたはひたちなかツウ!(笑)


実は、虎塚古墳の石室にかかれている模様をあしらったものです。

ひたちなか市虎塚古墳のページ


140412g.jpg

こちらは、ガードレール?の鎖を張るためのポール代わりのオブジェ。
これにも虎塚古墳の幾何学文様がついてます。


これらの街灯は、勝田駅東口からまっすぐに伸びる通称「33m道路」沿いの勝田駅に近いあたりでみられます。
街灯の上の部分は市の樹イチョウを模った洒落たデザインです。ぜひ探してみてください。



140412g.jpg

そしてこれは、市の汚水マンホール。
市の鳥(ウグイス)、樹(イチョウ)、花(はまぎく)が描かれています。
ウグイスは目の周りが白くて、ちょっとメジロっぽいですが・・・。

市の花はまぎくは、青森県三沢から海岸沿いに見られる花で、ひたちなかあたりが現在の南限となっています。
11月頃になると、平磯ジオサイトのあちこちで白い清楚な花を咲かせます。
実はこの花も、温暖化によって南限が南下しているそうなんです。
身近なところにも温暖化の影響が感じられますね。

 
  1. 2014/04/13(日) 20:48:17|
  2. 平磯ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい看板と穴ぽこ貝


こんにちわ。ジオ子です。

本日、ジオ散歩等の打ち合わせ会がありました。
お昼まででおわりましたが、天気も良かったのでそのまま平磯海岸方面へドライブ。


目的の一つは湊線ことひたちなか海浜鉄道の新しくなった駅の看板をみてくることです。
といっても、全部回るのはちょっとたいへんなのでとりあえず阿字ヶ浦から3カ所だけみてきました。


阿字ヶ浦

阿字ヶ浦駅
「阿」の字の口のところが、以前は貝殻でしたが新バージョンでは温泉マークに。
実は、阿字ヶ浦海岸のすぐそばに「のぞみ」という天然温泉があるんです。

海水浴で冷えた体もここでほっこりできますね。


磯崎

磯崎駅。
こちら、デザインは以前と同じくお芋です。
周辺は芋畑がひろがるのどかな場所です。



平磯

平磯駅。
こちらもデザインは変わらず。
以前は色が海をイメージしたブルーでしたが、どうやら今回はクジラの大ちゃん色になったみたいです。



波が荒い

このあと海岸沿いの道路に出て帰路につきました。
が、やっぱりちょっと海岸におりてみましたよ。
今日はちょっと波が高いです。
汐はだいぶひいていたんですけどね。

駐車場には10台ほどの車がとまっていました。
磯遊びやら鳥の観察やら岩場と波の景色を楽しんでる人やらで、結構なにぎわいでした。



穴ぽこ石

海岸に降りてみると、こんな石を発見。

石灰岩を溶かしちゃう「うど貝」って貝がいるらしいんだけど、こちらはもっと古いような気がします。
泥の中に埋もれた貝が化石になって・・・って思っていいのかな?


そんなこんなで、プチ磯遊びまで楽しんじゃいました♪
  1. 2014/04/05(土) 16:44:12|
  2. 平磯ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜はこれから

 
ジオ子です。

ここ数日、昼間はかなり暖かくなりました。
そのせいで、桜のつぼみが急にふくらみはじめました。

東海ジオサイトの「細浦」。

140401a.jpg

国道245号線沿いにある駐車場は、細浦の水田から10m近く高くなっています。
そのためこんな開けた眺望が楽しめます。


刈り取りが終わってから水田に水が張られる頃までは、こんな地味な色合いです。
あと数日すると、駐車場にの斜面の際に植えられている桜がきれいに咲くでしょう。


140401b.jpg

国道沿いの桜も1~3分咲になってます。

東京は今日あたりが満開で見ごろらしいですが、茨城県北ジオパークはこれからが桜の季節です。
ぜひぜひ遊びにきてみませんか?


というわけで、桜は散っちゃうかもしれませんが今月半ばにひたちなか市の「中根ジオ散歩」を企画しました!
ネット申し込みは、こちらをクリックしてね♪
 ↓
申込みフォーム

中根ジオ散歩
 
  1. 2014/04/01(火) 22:11:09|
  2. 東海ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

ようこそ、GNひたちなか・東海のブログへ!

プロフィール

茨城県北ジオパークのひたちなか・東海ブロックで活動するインタープリターグループのブログです。 ジオパークに遊びに来てね♪

常陸ジオ子

Author:常陸ジオ子
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2)
イベント案内 (16)
ジオパーク紹介 (5)
お知らせ (1)
平磯ジオサイト (23)
東海ジオサイト (3)
ジオグルメ (4)
水戸ジオサイト (8)
ジオツアー・イベント報告 (49)
その他 (17)
防災 (2)
茨城県北ジオサイト紹介 (3)
筑波山地域ジオパーク (1)
天文・気象 (3)
ジオフォト (1)
ジオグルメ・食いしん坊 (1)

最新記事

リンク

・茨城県北ジオパーク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

GNひたちなか・東海Twitter

TweetsWind

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ