アンモナイトのつぶや記

 


☆お知らせ☆  ツアーやガイドの依頼、問合せ用のフォームを作りました。
↓詳細はこちらから!(クリックしてください)

ツアー依頼・問合せフォーム   

探せ!アメフラシの赤ちゃん

 
どうも、ジオ子です。

5月最後の日曜日。ちょうど潮が引いて天気も良かったので、平磯海岸にいってみました。
この日のお目当ては海そうめんことアメフラシの卵です。

170528n.jpg

結構潮が引いていましたが、あまり引きすぎると水中での観察はしにくいものですね。。(^_^;)


170528i.jpg

海藻に隠されるように卵が産みつけられていました。


170528j.jpg

流れや外敵から守る意味もあるのでしょうけど、こうして潮が引いた時には直射日光からも守ってくれているようです。
写真を撮ってから、また海藻で隠してきました。


170528k.jpg

アメフラシもあちこちでみかけました。
この個体は割とスリムですが、卵をかかえているのかぷっくりした個体もいましたよ。


170528l.jpg

卵のアップ。
中に小さな卵がたくさんはいっています。
2週間くらいで孵るとのことですので、2週間後にきてみましょう。


ということで、2週間後の6月11日にきてみました。(笑)

170611a.jpg

昼頃に一番潮が引いていたので、この日も磯遊びの家族連れがたくさんいましたよ。


170611b.jpg

紫色のイトマキヒトデは初めて見ました。


170611c.jpg

たいていはこの緑か青です。


170611d.jpg

アメフラシの卵もみつけました。
・・・が、2週間前からかわっていないような。
これは産み付けられたばかりなのかな?
まだ孵化の時期になっていないのかも。

少しずつ潮が満ちてくると、ヤドカリたちが元気に水の中を歩き回ります。
捕まえてちょっと写真を撮らせてもらいました。

170611e.jpg

ケアシホンヤドカリ。
ハサミと足に毛が生えていて、右のハサミがちょっと大きいのが特徴です。
なんだか地球外生物に、にらまれてるみたいな・・・。(^_^;)

アメフラシの孵化はまたの機会を楽しみにしましょう。


スポンサーサイト
  1. 2017/06/11(日) 21:55:04|
  2. 平磯ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

磯遊びの季節到来!

 
こんにちわ。ジオ子です。
今年度はがんばって、なるべくたくさんブログをアップしますね。

さて、4月2日(日)昼過ぎに干潮だというので、今年初の磯の観察にいってきました。
平磯海岸にはすでに、数組の家族連れがいましたよ。
風は冷たかったですが、海の水はややぬるいくらいの感じでした。

170402a.jpg

コサギがいました。



170402b.jpg

この岩場でランチタイム見たいです。
小魚を探してあるきまわっていました。


170402c.jpg

アメフラシ。
今日はけっこうたくさんいました。
そろそろ産卵のじきなのかもしれませんね。


170402d.jpg

カメラを海の中に入れて、正面から撮ってみました。
うーん、どれが目鼻なのかわかりません。(笑)


170402e.jpg

3cmくらいの小魚。
なんの稚魚なのかわかりません。
特徴的な模様です。


170402h.jpg

ヨメガカサという貝。
岩にかなり強力にへばりついててとれません。


170402i.jpg

この海岸は岩だけでなく砂も少し吹き寄せられています。


170402j.jpg

よくみると、このあたりの海岸の砂は、半分が貝のかけらです。
もっと北の阿字ヶ浦海岸だと貝のかけらはあまりまじっていません。


170402k.jpg

打ち上げられていた物体。
さて、これは何でしょう。
持ってみるとスカスカして軽いです。


170402l.jpg

謎の物体のアップ。
実はこれカイメン、つまりスポンジです。
日本のイソカイメン類は、わりと平たいので、体を洗うのにはあまりむいていないそうです。


170402m.jpg

こちらは生きているカイメン。(笑)
ダイダイイソカイメンです。
海には色々な生き物がいるんですね。
 
 
  1. 2017/04/03(月) 12:00:00|
  2. 平磯ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の鳥たち

こんにちわ。ジオ子です。

お正月の三が日の間に、平磯海岸を散歩してきました。
今年はカルガモと鵜をたくさんみかけました。
そのとき見かけて写真に撮れた鳥たちを紹介します。


170102a.jpg

イソヒヨドリ。
テトラポットや岩の間をちょこちょこ飛び回っててなかなかシャッターチャンスがありませんでした。(^_^;)


170102b.jpg

磯で熱唱するセグロカモメ。(笑)


170102c.jpg

歩道沿いの防波堤に、こんな可愛いオブジェが置いてありました。
ウニ、貝殻、穴あき小石・・・。
お散歩途中に誰かがおいていったのかな。


170102d.jpg

ワシカモメの幼鳥と思われます。
柄が薄いけど、体格はよかったです。


170102e.jpg

倦怠期の夫婦みたい。(^_^;)
黙ってそっぽをむきあってじーっとしてました。


170102f.jpg

ほっぺが白いのでハクセキレイですね。


170102g.jpg

お腹がかいーの。(笑)


170102h.jpg

ユリカモメかな?
寒そうに首を縮こめてます。


170102i.jpg

風もなく穏やかな海の向こうには鹿島臨海工業地帯の煙突が見えました。
直線距離で50kmほどですが、250㎜ほどの望遠でもこんなにくっきりみえるんですね。


今年もこの海岸を中心に、色々観察していきたいと思います。
よろしくお願いいたします♪


  1. 2017/01/09(月) 11:40:27|
  2. 平磯ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の終わりの磯遊び

こんにちわ。ジオ子です。

なんだか、日本の近海には3つも台風がきているとか!
お盆も過ぎてそろそろ夏が終わってもいいと思うこの時期に、豪勢なことです。
おかげで、あした予定されていた草加(埼玉県)からの磯遊びツアーが予定変更になりました。
雨天の予定変更として大洗のアクアワールドに行くとのことです。
海の無い県からなので、実際に海に入って遊びたかったでしょうけど台風直撃ではしょうがないですね。

また機会があったらぜひ遊びに来てほしいです。

実は8月20日に、その下見を兼ねての平磯観察会がありました。
この日も朝は驟雨が波状攻撃してきてて、うねりもあるし無理かな?と思っていました。

160820a.jpg

岩場に、いい感じにシラサギと鵜がいたので撮ってみました。
背後の海の荒れてること!


160820b.jpg

磯遊びの海岸はこんな感じですもん。(まだ潮がひき始めたばかり)
一応集合場所にいってみました。
集合時間になったころザッと横殴りの通り雨がふりました。
結局無理だろうということで、主催者は参加者に中止の連絡をいれてました。


ところが!

160820c.jpg

なんということでしょう!
雨があがったのでちょっと様子を見ていると、みるみる潮がひいていくではないですか!
沖合は波が結構荒いままでしたが、この磯で遊ぶには全然支障がなくなりました!


160820d.jpg

というわけで、集まっていた数家族と磯遊び開始です。


160820e.jpg

海藻を甲羅にまとったお洒落なカニ。


160820f.jpg

ヨロイイソギンチャク。
岩場のあちこちにくっついてました。


160820g.jpg

イトマキヒトデが触手をだしているところ。
表側は緑のやつでした。


160820h.jpg

ナマコ。
意外とみかけません。
この日もこの1匹だけでした。


160820i.jpg

ギンポとカサゴ?の仲間。
ギンポは珍しいそうです。


160820j.jpg

左上のがバフンウニ。
右のがカレイかヒラメの稚魚だそうです。


160820k.jpg

ひとしきり捕まえたら、みんなで獲ったものを報告会。
これはなんていう生き物?と判定してもらいます。
それが終わったら海へリリース。


160820l.jpg

昼頃になると、青空が広がってきました。
思いがけなく磯遊びが堪能できました♪
 

  1. 2016/08/21(日) 22:47:04|
  2. 平磯ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

磯遊び王国、平磯!

 
こんにちわ。ジオ子です。

7月16日と18日に、平磯海岸ジオサイトでNHK水戸放送局さんの取材がありました。
といっても、ジオパークの取材ではなくひたちなか市の海を一日楽しむというコンセプトです。
午前中は磯遊び、お昼には海の幸を楽しみ夜はランタンナイトを楽しむというものです。

18日は一般の方の観察会が予定されていたので、その様子も撮影していましたよ。

というわけで、平磯海岸ジオサイトの撮影と観察会の様子をアップします。

160716a.jpg

16日の撮影の様子。
平磯で潮だまりの観察会を開催する予定のIさんが磯遊びの達人として案内してくれます。


160716b.jpg

ほどよく潮がはいっていせいか、とにかく小魚からヤドカリからウミウシから、いろんな生き物があちこちでうごめいていました。


160716c.jpg

緑色のイトマキヒトデ。
絵にかいたようなきれいな星形です♪


160716g.jpg

道路から海岸をみおろしたところ。
結構潮が上がってきてますね。


そして18日の朝、ほぼ同じ場所からみたところ。

160718c.jpg

こんなに潮がひいてます。


160718i.jpg

この日は観察会。
みなさんバケツや網をもってイソイソと海岸におりていきます。


160718d.jpg

水中撮影ができるデジカメ大活躍。
カメラを水中にいれ撮れるのでクリアに撮れます。
アゴハゼでしょうか。


160718e.jpg

16日には緑色のがいましたが、この日は青のイトマキヒトデ発見。


160718f.jpg

海中にひっくり返しておくと・・・


160718g.jpg

からだをひねったり、触手を伸ばしたりして数分でもとに戻ります。
結構動くんですね。


160718h.jpg

クモヒトデを見つけた子もいました。


160718j.jpg

ジオ子的に気になったのはこの傾斜した岩。
もっと北側の磯崎あたりだと砂岩や礫岩がもっと急傾斜でそそり立っていますが、この波蝕棚でもこんな風に泥岩が斜めになっているんですね。


160718k.jpg

ムラサキウニ。


160718l.jpg

バフンウニ。

実は、この周辺ではウニも化石として発見されています。
ブンブクウニの一種で白亜紀後期のものらしいですよ。


160718m.jpg

カサゴの仲間と思われます。


160718n.jpg

ギンポだそうです。
高級食材?(笑)


160718o.jpg

海綿(カイメン)。
左はゴウシュウナンコツカイメン、右はダイダイイソカイメン。
どちらも日本各地でよくみられる海綿だそうです。


160718p.jpg

ヒザラガイ。
変わった形ですね。


160718q.jpg

昼になるころにはすっかり岩場は水の下に沈みつつありました。
この環境で生きる生き物ですから、観察した後はそれぞれリリース。
磯遊びの基本ですね。

短い時間ですが、楽しい磯遊びができました♪
みなさんもぜひ「磯遊び王国」へ遊びに来てみてくださいね。
 

            

 【今回の取材の放送日時】
 7月22日(金)県域放送 「いばっチャオ」(11:40~)
           「いば6」(18:10~)
 7月26日(火)首都圏向け番組「ひるまえホット」(11:05~)

 
  1. 2016/07/21(木) 21:29:49|
  2. 平磯ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

ようこそ、GNひたちなか・東海のブログへ!

プロフィール

茨城県北ジオパークのひたちなか・東海ブロックで活動するインタープリターグループのブログです。 ジオパークに遊びに来てね♪

常陸ジオ子

Author:常陸ジオ子
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2)
イベント案内 (16)
ジオパーク紹介 (5)
お知らせ (1)
平磯ジオサイト (22)
東海ジオサイト (3)
ジオグルメ (4)
水戸ジオサイト (8)
ジオツアー・イベント報告 (43)
その他 (15)
防災 (2)
茨城県北ジオサイト紹介 (3)
筑波山地域ジオパーク (1)

最新記事

リンク

・茨城県北ジオパーク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

GNひたちなか・東海Twitter

TweetsWind

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ