アンモナイトのつぶや記

 


☆お知らせ☆  ツアーやガイドの依頼、問合せ用のフォームを作りました。
↓詳細はこちらから!(クリックしてください)

ツアー依頼・問合せフォーム   

空を見上げよう

 
どうも、ジオ子です。

折角の三連休、台風が日本列島を縦断してますね。
そんな台風直前の金曜日の午後、日立市から国道245号線を南下すると面白い雲がみられました。

170915a.jpg

画面左から右(南から北)にスーッと筆で払ったような形の雲がつらなってました。
画面左のひときわ明るいのは雲の向こうの太陽ですが、画面中央あたりにもやや明るい部分があります。


170915b.jpg

アップで見るとこんな感じ。
光学現象の幻日ではないかと思われます。


170915c.jpg

さらに小一時間すると、今度は曇りと晴れがきれいに別れました。
実はこの上空あたりはよくこんな風に雲が一直線に切れることがよくあるようです。
くうきのながれのせいなのか、地形が関係しているのか?
久慈川上空あたりで晴れている方は阿武隈山地、曇っているのは関東平野のエリアにあたります。


170915d.jpg

夕方になると、薄い雲のところどころに濃い雲がUFOみたいにぽつぽつ浮いていました。
これもまた幻想的な風景。

自然は本当に色々な姿をみせてくれますね。

スポンサーサイト
  1. 2017/09/17(日) 21:02:16|
  2. 天文・気象
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石絵を描こう

 
どうも、ジオ子です。
9月10日にひたちなか市の表町商店街の一角で行われた「TAMARIBA横丁」に出店してきました。
あちこちのイベントでもやっている「石絵」です。

170910d.jpg

受付はこんな感じ。
おいてある石は、石絵用じゃなくて県内で拾ってきた色々な石です。
石絵用は別にありますよ。


170910f.jpg

クラフトブースや物販のほかに、ステージではジャズの演奏や子供たちのダンスなど次々と音楽イベントが。


170910g.jpg

会場の脇の通路を通行止めにして、茨城交通のバスに絵を描くイベントも。
みんなで海の生き物を描いていました。


170910i.jpg

ジオネットひたちなか・東海の石絵のブースも、お昼が近くなると親子連れが来て一時期は座りきれないほどにもなりました。


170910m.jpg

ジオ子のランチは飲食ブースでゲットした野菜カレー。
美味しかった~♪


170910n.jpg

ジオ子のデザート。(笑)
この日は天気が良かったのでこのかき氷がよく売れてました。
シロップはいろんな種類がおいてあって、好きなもの好きなだけかけられるシステム。
色々かけすぎて、味がよくわからなくなっちゃいました。(^_^;)


170910o.jpg

ひたち海浜公園のネモフィラの丘をイメージした手形絵。
ジオ子も協力しましたよ。


170910q.jpg

ミニ恐竜。
石の形を生かした恐竜の頭が絶品です。(笑)


170910r.jpg

インタープリターのIさんが描きました。
さすがです、I画伯!

10時から17時までの長丁場でした。
みなさん、お疲れさまでした。

次回は12月10日だそうです。
今度はなにやろうかな♪



  1. 2017/09/14(木) 21:46:43|
  2. ジオツアー・イベント報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

うねりうねり!

 
どうも、ジオ子です。
高校生の案内の下見に、平磯海岸に行ってきました。

170903b.jpg

日本のかなり沖合を台風が北上している影響で、潮はそこそこひいていましたがかなりうねりが大きかったです。
でも、そのようすがむしろカメラ好きの人にはたまらないんですよね。
長いレンズもって波が来るのを待ってるカメラマンが、何人かいましたよ。

台風後とかこの日みたいに遠くを台風や前線が通ってうねりがあるとかいうときに、安全を確認して海に来ると面白い写真がとれるかもしれませんよ。

ジオ子はイマイチ迫力のある写真が撮れなかったのが残念!
 
 
  1. 2017/09/03(日) 22:08:45|
  2. 平磯ジオサイト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石を調べよう!

 
どうも、ジオ子です。

東海村の「エンジョイサマースクール」の一環で田切先生による「石を調べよう」の講座のお手伝いをしてきました。
メインのお手伝いスタッフは田切先生と一緒に活動されているジオネット日立の方々。
今回は東海村でのイベントだったので、このエリアで活動しているジオ子もお手伝いさせてもらいました。

170817a.jpg

対象は小学3年生以上で募集は20名。
実際は20名以上のお子さんが参加されていたようです。


170817b.jpg

「石を調べよう」ということで、各自石を持ち寄ってそれがなんという石かを調べます。
外見だけではわからないので、石を裁断する機械で石を切ってきれいな面をみてみます。


170817c.jpg

本日の講師田切先生。


170817d.jpg

ジオネット日立のみなさんと、ひたちなか・東海のMさん。


170817f.jpg

感心したのは、受付と司会を子供たちがやっていたこと。
大人のサポートもありましたが、小学生でも中学年以上になるとこういう仕事もまかせられるんですね。


170817g.jpg

広い会議室ですが、満席です。


170817h.jpg

前半は田切先生による岩石のでき方による種類についてのお話。
火成岩、堆積岩、変成岩についてわかりやすく解説してくださいました。


170817i.jpg

そのあと、持ち寄った岩石を裁断します。
一気に全員は無理なので、3つのグループに分かれて順番に裁断しました。


170817j.jpg

こうしてカットしていきます。


170817k.jpg

待っている間、展示してある石やポスターを見て、自分が持ってきた石が何か考えてみます。
私たちも、どこで拾ってきたのか聞いたり、ルーペやハンディ顕微鏡で拡大してみせてあげて石の種類を考える手助けをしました。

黄銅鉱や黄鉄鉱、雲母片がはいっているものなどキラキラしたものがある石や、サンプルでおいてあった黒曜石が人気でした。


170817l.jpg

岩石を裁断したあと、中学生の男の子の研究発表(自由研究の途中かな?)がありました。
河原の石と海岸の石を密度の違いで分類してみるという、なかなか面白い視点での研究です。

プレゼンや実験(観察)もすごかったですが、最後に実験の結果から自分なりの考察を導き出しているところがすごいと思いましたよ。
ただ実験して終わりというわけじゃないんですね。


170817m.jpg

田切先生もそれに応えて、良かった点と改善すべき点や研究するときの注意点などをあげてくださいました。
学会などの口頭発表と質疑応答さながらの光景でした。


170817n.jpg

このあと主催者から、(自由研究や石について調べるときの)図書館の活用の仕方の案内がありました。
最後に田切先生から茨城県北ジオパークとジオパークとはどういうものかについての紹介がありました。
5億年前の地球の様子なども交えてのスライドも、なかなか面白かったです。


170817o.jpg

役場の方の締めの挨拶。
2時間半にわたる長時間の講座でしたが、子供たちが石に興味をもっていて熱心に話を聞いたりするのが印象的でした。

ジオ子もなかなかいい経験ができて、楽しい一日でした。
 
 
  1. 2017/08/17(木) 22:56:12|
  2. ジオツアー・イベント報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栃木で「石」まみれの一日!

 
どうも、ジオ子です。

先日友人と栃木に遊びに行ってきました。
目的は3つ。

1.大谷資料館
2.栃木県立博物館
3.餃子食べ歩き


【大谷資料館】
大谷資料館のHP

言わずと知れた「大谷石」の採掘場跡です。
そういうとなんだか廃墟のようなイメージですが、むしろ地下神殿といった風情でした。

170811m.jpg

170811o.jpg

なんと舞台もつくられています。
硬く緻密な岩石ではないので、声の反響具合がマイルドでいい感じです。


170811i.jpg

假屋崎省吾さんの前衛的生け花もライトアップして幻想的な展示になっていました。


この大谷石は流紋岩軽石火山礫凝灰岩という何とも舌を噛みそうな名前の岩石だそうです。
第三紀の日本列島ができる頃の火成岩で緑色がかったもの、いわゆるグリーンタフですね。

170811k.jpg

壁には手掘りの時代ののみのあとと、機械彫りになってからのらせん状の堀跡がくっきり。
それもまた、デザインぽくて素敵でした。

170811n.jpg


170811p.jpg

私たちが訪れた日は内部の気温はなんと12℃。
半袖では肌寒く、羽織るものが必要なほどでした。
年間の最高気温12℃は最低気温2℃で、平均気温は7℃だそうです。


170811a.jpg

この安定した気温湿度のため、ワインや野菜や米など色々なものを保存するのにも活用されているそうですよ。


170811q.jpg

昔から石材としてつかわれており、どんな積み方が効率的かを調査した跡もありました。

いや、満喫満喫♪


折角なので、近くにあった大谷観音と平和観音も見学に。

170811t.jpg

大谷観音はこの建物の中に。
背後の岩山に掘られたもので今は屋内で拝めます。
(撮影は禁止でした。)


大谷観音のすぐ近くには屋外に大きな観音様が。

170811u.jpg

こちらは平和観音。
観音様の前の広場では外国人の観光客がたくさんいましたよ。


170811v.jpg

観音様の左肩付近には展望台があり、そこまでは登ることができます。
間近で見ると迫力です。


170811w.jpg

少し先の天狗の投石まで行く途中に、小さな石灯籠?がたくさん置かれていました。
ライトアップイベントの準備みたいです。


170811x.jpg

奇岩「天狗の投石」。
凝灰岩のこの手の奇岩というと、カッパドキアの「三人の美女(三姉妹?)」を思い出します。


大谷石を満喫し、宇都宮市内へ戻ります。
もちろん途中餃子でお腹も満足させましたよ♪

【栃木県立博物館】

170811e.jpg

ここでは特別展「北関東の動植物化石」を見るのが目的です。
栃木・群馬・茨城の化石を展示してありました。
もちろん、平磯海岸の異常巻きアンモナイトやヒタチナカリュウ、モササウルスの化石もです♪


170811f.jpg

他の常設展も一通り見ましたが、なかなか充実していて楽しかった。
一緒に行ってくれたNちゃんは植物系の展示に興味津々でした。


【おまけのグルメ】

170811b.jpg

大谷資料館の敷地内のお店で食べたかき氷。
日光天然氷を使ったフワフワの氷に粒ののこったイチゴをかけた「贅沢いちごみるく」。
ウマウマでした♪


170811c.jpg

正嗣(まさし)の餃子。
お昼はここで水餃子と焼き餃子。


170811d.jpg

絵面がほとんど変わらないけど、みんみんの餃子。
こちらも水餃子と焼き餃子。

水餃子は正嗣、焼き餃子はみんみんのが好みでした。

お隣の栃木県で、楽しく美味しい体験ができました♪

  1. 2017/08/15(火) 20:41:25|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

ようこそ、GNひたちなか・東海のブログへ!

プロフィール

茨城県北ジオパークのひたちなか・東海ブロックで活動するインタープリターグループのブログです。 ジオパークに遊びに来てね♪

常陸ジオ子

Author:常陸ジオ子
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2)
イベント案内 (16)
ジオパーク紹介 (5)
お知らせ (1)
平磯ジオサイト (23)
東海ジオサイト (3)
ジオグルメ (4)
水戸ジオサイト (8)
ジオツアー・イベント報告 (45)
その他 (17)
防災 (2)
茨城県北ジオサイト紹介 (3)
筑波山地域ジオパーク (1)
天文・気象 (1)

最新記事

リンク

・茨城県北ジオパーク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

GNひたちなか・東海Twitter

TweetsWind

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ