アンモナイトのつぶや記

 


☆お知らせ☆  ツアーやガイドの依頼、問合せ用のフォームを作りました。
↓詳細はこちらから!(クリックしてください)

ツアー依頼・問合せフォーム   

秋田は遠くて近い県(食いしん坊編)

 
どうも、ジオ子です。
2日目の分科会を語る前に、ちょっと一息。

秋田で食べた美味しいものや出会った面白いものを紹介します。


初日のプチ懇親会。
先についていた阿蘇GPのヤマザキさんとふたりで、お店探し。
キッチン火山の林先生から事前情報をいただいていましたが、そのお店はすでに満席でした。
歩いていて見つけた「かまくらの郷」というお店にはいってみました。

171023c.jpg

「あきた吟醸ビール」。
サッパリして美味しかったです。


171023d.jpg

お刺身の盛り合わせは、お店の名前にもあるカマクラにはいってきました。(笑)


171023e.jpg

いぶりがっこのクリームチーズ和え。
発酵食品どうしいい味出しあってすごく美味しかったです♪


171023g.jpg

比内地鶏ではないけど、焼き鳥もGood!


171023j.jpg

SNSに流したら大人気だった「ナマハゲサラダ」。
髪の毛はとろろ昆布です。


171023ナマハゲ
(写真:サキヤマ先生提供)

そしてなんと、ナマハゲがお部屋に来てくれるサービスイベントが!
初日から秋田を満喫!(笑)


171024nama1.jpg

分科会会場(男鹿温泉郷)のホテルにもナマハゲ。
南紀熊野GPのフクツジさんと観光客気分でパチリ。


171024nama2.jpg

男鹿駅前のナマハゲも迫力があります。


171024ramen.jpg

分科会終了後、お昼を食べずに男鹿駅まできました。
電車待ちの時間があったので駅前の居酒屋「すいせん」で鶏塩ラーメンを食べました。
鶏のいいお出汁がでて美味しかった♪


斜長石1

男鹿駅の表札(?)は男鹿石がつかわれていました。
寒風山のふもとでとれる「輝石安山岩」だそうです。
「駅」の字のところに大きな結晶がありました。


斜長石2

拡大撮影してみると、こんな感じ。
どうやら斜長石の結晶らしいです。


babahera.jpg
(写真:マツバラさん提供)

最後に、1日目の夕方マツバラさんとババヘラアイスを食べに行った時の写真。
もう夕方でしかも外なのでかなり寒かったです。(^_^;)
あまりの寒さに、ジオ子は首をすくめすぎて二重アゴになってるし!(笑)

今回はだまっこ汁やきりたんぽを食べられなかったのが残念。
また秋田に美味しいもの食べにいかなくちゃ!


 
スポンサーサイト
  1. 2017/11/14(火) 23:17:58|
  2. ジオグルメ・食いしん坊
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋田は遠くて近い県

 
どうも、ジオ子です。
先月の24日から26日にかけて、日本ジオパークネットワーク全国大会(男鹿半島・大潟ジオパーク大会)に参加してきました。

大会参加は25、26日なので24日は移動日ですが、ジオ子の家から秋田までは電車を乗り継いで半日かかりました。
いやはや秋田は遠い・・・。(^_^;)

171023b.jpg

上野から新幹線こまちに乗って秋田までゴー!
田沢湖周辺では、新幹線から見える風景とは思えないようなこんな素敵な景色もみられましたよ。

そんなこんなで、一日目の夜は同じく前日入りしていた阿蘇GPと山陰海岸GPの方とプチ懇親会。

DSC_1358.jpg
(自撮りが下手なので、ブレブレ!)

偶然入ったお店には、ナマハゲさんもきてくれました!

171023i.jpg
「悪い子はいねが~!」
「ワタシ悪い子~♪」

このお店では色々面白いものも食べましたが、食べ物のお話は別の回で♪

このあと2次会では九州チームとちょっと合流して稲庭うどんも食べました。
実はナマハゲのお店でも二次会でも、再審査やジオパークのこれからについての真面目な話をたっぷりしました。
みなさん熱く、まっすぐにジオパークに係っているんです。


そして、大会初日。
通勤通学の人達にまじって男鹿線で男鹿駅へ。
男鹿半島の付け根にある会場で大会が開催されました。

JGN秋田08

ポスター会場では各ジオパークやガイド団体、関係団体の展示が行われていました。
ジオ子は茨城県北ジオパークのポスター前でお手伝いです。


JGN秋田11

お昼ご飯を食べた後、ガイド分科会の最終打ち合わせ。
ネットで事前に準備したり連絡しあっていたので、ここでは大体の流れとざっくりとした役割についての打合せ。
約150人ほどの大きな分科会ですが、楽しくやれるようにサポートします!


JGN秋田12

打合せの後、秋田大学の林先生によるキッチン火山の基調講演。
ジオパークで地質や地形を説明するのに楽しくてわかりやすいいい方法なんですよね。
会場は大入り満員でした!


JGN秋田14

午後のポスター会場のコアタイム。
基調講演から流れてきた人でごった返しです。
黄色のベストを着ているのは、夏に着任したばかりのニシマキ専門員。
うちのジオパークの若手ホープ、がんばってくれてますね。


JGN全国大会写真2(2017秋田)懇親会写真

懇親会会場は結構広かったですが、それでも満員の人。
懐かしい方、お初の方、たくさんの方とお話しすることができました。
これもジオパークでネットワーク(横繋がり)を通じて情報交換する大事なことなんです。
たくさんの人と交流して熱い夜が更けていきました。

交流会の後、私はイマイ夫妻の車に伊豆大島、南紀熊野のガイドさんと一緒に便乗させてもらって秋田駅へ。
明日は早いぞ~!


  1. 2017/11/14(火) 00:20:02|
  2. ジオツアー・イベント報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

幻日と飛行機雲と

 
どうも、ジオ子です。

先週、ジオパークの全国大会で秋田に行ってきました。
楽しくもあり、懐かしい人にあえて嬉しくもあり、色々勉強になったこともありました。
ただいまその情報の整理中なので、報告は後ほどお楽しみに♪

11月になったら空がなんだか急に広なったみたい。
そして、面白い現象を見ることができたのでその写真をアップします。

171102a.jpg

11月2日の15時半頃、太陽の周りの薄雲に太陽を挟むように二つの光る虹?みたいなものができていました。
これは幻日っていう光学現象なんだそうです。
Wikipedia幻日のページ)

171102c.jpg

最初は両方とも同じくらいの明るさでしたが、数分のうちに左側がすごく明るくなりました。


171102b.jpg

アップにするとこんな感じ。
まさに、もう一つの幻の太陽が現れた?!って感じです。



ずっと薄雲がかかっていたので、上空は湿り気が多いのかなと思っていましたが、夕方になるとこんな雲が。

171102d.jpg

刷毛で描いたような巻雲(けんうん)を横切って飛行機雲が。
これは開けた空でみてみたい!といえば、あそこがいいかも!
ということで、急いで虚空蔵尊近くの駐車場へ。
西の空が開けて、下には東海ジオサイトの細浦が広がっている場所です。


171102e.jpg

うひゃ~!これは壮観!


171102g.jpg
(クリックして別画面を開いてその写真をクリックすると、さらに大きな画像が見られます。)

西の空に落ちていくように見える飛行機雲の先までよく見えています。
風で左に流されている様子も見てとれます。
空の色の青さとオレンジが濃くなりつつある夕焼けが雲に映えて、なんとも幻想的な風景です。


171102h.jpg

右側の巻雲を横切る二本の雲も飛行機雲です。
巻雲より下にあるようで、下から夕陽に照らされて巻雲に影が映っているようです。


171102i.jpg

最初の夕焼け写真から10分もたたないうちに夕焼けの色がどんどん褪せてきました。
本当に一瞬の出会いですが、こんな風景を見られたなんて本当にラッキーです。
この場所を思い出した自分を褒めなくちゃ♪


  1. 2017/11/02(木) 23:06:24|
  2. 天文・気象
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジオ子の見た世界

 
どうも、ジオ子です。

今年も某総合研究所の魅力度ランキングで、茨城県は最下位を獲得してしまいました。
なんと5年連続の快挙だそうです。
今年は、茨城出身力士の稀勢の里が横綱に昇進し、同じく茨城出身の高安が大関になり、さらには朝ドラの「ひよっこ」で茨城弁が全国に知れ渡った(笑)というのにです。
これはもう、この調査で茨城が最下位を脱出するすべはないのかも。

ところが、海外からの注目度はなかなか高いという不思議な現象も起こっているようです。
やっぱり茨城は魅力のある県なんですよね。

というわけで、ジオ子の見た茨城の魅力的な写真をこれからどんどん紹介していこうと思います。

140103g.jpg

まずは、こんな不思議風景から。

これ、なんだと思います?
砂丘の地形?
それとも茨城なのに砂漠??

実は、高萩市の花貫川河口にたまった砂の作った微地形(小規模な地形)です。
層の厚さは、厚いところでも1cmほど。
ちょっと異世界を感じさせるふうけいですよね。


(撮影場所)


もう一つ、海辺での写真を。

171006a.jpg

これはフィールドにしている平磯海岸。
と言うと、この近くに住んでいる人は「こんな場所ないよ」というかもしれません。


171006b.jpg

こちらもその近くで撮ったものです。
白亜紀の「鬼の洗濯岩」に似てるけど、なんか変。と思ったあなたは平磯ツウ。(笑)


171006c.jpg

実はこの2枚は、磯遊びをする比較的平らな磯(波食棚)で撮った写真です。
全然崖がないでしょ。
黄色い矢印のあたりで、岩にくっつくようにして接写してみたのがこの写真です。
一枚の岩の層の厚さは数ミリから数センチ程度です。
崖と思われる岩の塊自体も、高さはせいぜい30cmあるかないか。

見慣れた場所でも、こんな風に面白い写真が撮れるんですね。
  1. 2017/10/21(土) 22:13:27|
  2. ジオフォト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

穴あき雲発見!

 
どうも、ジオ子です。

今年の秋は本当に雨が多いですね。
しかも、今週末から週明けにかけては、なんと台風が日本を直撃しそうだとか!
なんてことでしょうね。

そんなこんなの今日この頃。
先日、一日だけ晴れた日の出勤時間帯に、面白い雲を発見しました。

171018a.jpg

出勤途中にコンビニに寄った時ふと空を見上げると、うろこ雲(巻積雲)の一部が丸く穴が開いたようになっていて、そこから下に筋を引くような雲が。


171018b.jpg

拡大するとこんな感じ。

雲が薄かったし写真ではちょっとわかりにくいですが、どうやらこれ穴あき雲(hole punch cloud)というものらしいです。

ウィキペディア 穴あき雲


171018c.jpg

数分間車で走って、渋滞につかまった場所で見るとこんな感じになってました。
だいぶ下に流れ落ちてます。
車が動き出してある角度になったとき、ここにきれいな虹色がみえました。


171018d.jpg

さらに車で移動して、職場についたのは最初の写真から15分ほどたっていました。
その頃にはだいぶうろこ雲の方も、流れ落ちる雲も形が変わっていました。

つかの間の晴れ間の、短時間の気象ショー(言いずらいわ!)でした。


  1. 2017/10/20(金) 21:57:49|
  2. 天文・気象
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

ようこそ、GNひたちなか・東海のブログへ!

プロフィール

茨城県北ジオパークのひたちなか・東海ブロックで活動するインタープリターグループのブログです。 ジオパークに遊びに来てね♪

常陸ジオ子

Author:常陸ジオ子
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2)
イベント案内 (16)
ジオパーク紹介 (5)
お知らせ (1)
平磯ジオサイト (23)
東海ジオサイト (3)
ジオグルメ (4)
水戸ジオサイト (8)
ジオツアー・イベント報告 (49)
その他 (17)
防災 (2)
茨城県北ジオサイト紹介 (3)
筑波山地域ジオパーク (1)
天文・気象 (3)
ジオフォト (1)
ジオグルメ・食いしん坊 (1)

最新記事

リンク

・茨城県北ジオパーク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

GNひたちなか・東海Twitter

TweetsWind

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

月別アーカイブ